HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>未分類

チコ流 現代文解読論法

ん~・・・、最近よく『現代文』の勉強の仕方について友達から聞かれます。
チコリリスは学校教育の中で一番得意な科目が現代文なので。

そこで今日はちょっとチコリリス流『現文学習理論』をまとめてみようかな、と。
まとめることで、自分がどのような考えを現文に持っているのかを考えてみようかな、と。
そんな感じでまとめていきたいと思います。
今回は、現代文の偏差値を上げる、というコンセプトです。
あ、ちなみに全然信憑性は無いので(笑




よく、『現代文の能力はセンスによって決まる』というような理論を聞きます。

自分はこの考えは半分正解だな、と思っています。
正直なところ、『文章に対する自らの感性』というものが少なからず存在していると思うからです。
ですが、この『文章に対する自らの感性』の力が及ぶ範囲は、
現代文の中でも『小説・物語文』の範疇です。

論説文を読むときは『自らの感性』は必要ではありません。
またこの『感性』が無いと物語は読めない、というわけでもありません。
『感性』があると、ほんの少しだけ読むのが楽になる、というだけです。




では、結局のところ、受験用、テスト用の文章を読むうえで何が必要なのか。

それは『精確な読解力』、『文章を読む速さ』、『構造を理解する力』、『物事の表現力』
の四つです。


まず、第一に『精確な読解力』。
これは論説文、物語文の両方を読むためには必要不可欠なものです。
高い読解能力は、文を読む上での最重要かつベースとなる能力です。
精確な読解力をもって、『著者が何を読者に伝えたいのか』を確実に押さえることが重要です。
読解力が無ければ、文章の内容・本質をまったく理解できないと思います。


次に『文章を読む早さ』。
テスト中は、制限時間が設けられています。
その制限時間内にどれだけ速く文を読めるか。これはとても重要です。
速く読めれば読めるほど、設問に割ける時間も多くなり、また二周、三周と文を読み直すことが出来ます。
文を読み直すことで、一周目よりもより深く文章を理解することが可能です。
読むのが遅い、というのは現代文を解くうえで致命傷となり得るでしょう。


三番目は『物事の構造を理解する力』。
これは『精確な読解力』と深く関わりのあるスキルです。
ジグソーパズルに例えるならば、精確な読解力をもって正しいピースを集め、
そのピースを構造把握能力によって、ひとつひとつの塊にまとめ上げていく。
ジグソーパズルを作るときは、ある程度の塊を作り、塊同士をくっつけながら完成させていきますよね。
現代文も同じです。
読解力で重要な部分を読み取り、『構造』という塊を作っていく。
ある程度の塊が見えたら、全体的に文章を見直してみて、塊を結合させていく。
そうして初めて、文章を精読したことになります。


最後に『物事の表現力』。
これは現代文を読むうえでの要素、『語彙』にかかってくる部分です。
表現力があるということは、多くの同義語や反対語、カタカナ語を知っているということです。
それらを知っていれば、例え、まったく意味の解らない単語が出てきても、前後の文から意味を推測することが可能になります。

また、選択問題では、いわゆる『本文を言い換えただけ』というタイプの問題が出ることもしばしば。
同義語をたくさん知っていれば、確実に解ける問題ですね。

記述問題でも同義語は重要。
字数制限がある中で、文章を軽量化できれば、その分、スマートな回答になります。
そういう意味で、表現力はとても重要。
表現力のある人間は設問を解くのが得意です。





ここまで現代文を読むのに何が必要なのか、ということを書いてきましたが、
ここからは、『どうすればその力』が身につくのか、というお話。



一番、現代文の力がつく方法は『とにかく本をたくさん読むこと』です。
多くの小説や新書を読むことによって、上記の四つの力は飛躍的に伸びます。
逆にまったく読まないと、力はつきません。

ちなみにライトノベルは現代文の力にならないと、自分は考えています。
『ラノベは読書病の薬箱』という考えを持っているので。
要するに、ラノベは小説を読み疲れた時、漫画のような感覚で読むものなのです。


『小説なんか読んでいるのは、勉強にならないんじゃないの』、というのは間違い。
多くの文章に触れることは、自分の中に秘めている国語の力を引き出します。

でも、ただの一回だけ読書したからといって、現代文の力がつくわけではありません。
ある程度、継続しながら本を読む習慣をつけないと、力は上がりません。
また確実に力はつきますが、力を実感出来るまでの期間は長いです。
力がつくのは、一年単位で考えてもらったほうが良いと思います。


ちなみにどのくらいのペースで読めば力がつくのか。


チコリリスが小説を読み始めたのは小学生からです。
低学年のころはそうでもありませんでしたが、高学年になってからはガッと読み始めました。
大体、月二冊くらいのペースでしたね。かなり読書数が少ないほうです。

中学生のころから、小説を多く読み出しました。
大体アベレージで、週二冊程度のペースでした。
多いときは週五冊とか。ほとんど勉強をしないで読み進めていました。

新書を読み始めたのは中二のときです。
新書は自分の興味のあるジャンルのものを読むと、飽きずに読み進められます。



大体、週二冊程度の読書量を半年ほど継続すれば、力がついてくると思います。
小説は自分が好きなジャンルのものから読むと良いと思います。
推理でも、恋愛でも、青春でも・・・。
そしてなるべく物語を綿密に想像しつつ読み進めるのが大事です。
ちなみに太宰や漱石、鷗外などの文学作品に触れなくても力はつきます。
現代小説を楽しみながら読んでいると、いつの間にか力はついてくるものです。



でも、受験生など時間の無い人は本など悠長に読んでいる暇は無いと思います。
では、そういう人々はどうすれば良いのか。

手っ取り早く、受験用に現代文の力を伸ばす方法があります。
それは、『多くの問題をひとつひとつしっかりと読み解くこと』です。
言うなれば、『完全精読』です。

ひとつの問題に時間をたっぷりかけて、設問の答えを熟考して作り出し、
文章をガッツリとお腹いっぱいになるまで噛み砕く。

これをしっかりと行えば、受験合格ラインまで力を伸ばせます。
ですが、これはとても根気のいる作業であり、
多くの本を読むよりもずっと大変な作業です。
出来る限り、受験生になってから焦るのではなく、時間のあるうちに読書をするべきです。



また、現代文では『文章を読むテクニックがある』と言われがちです。
例えば、『自分が重要だと思ったところに線を引く』、『引用部分はあまり重要ではない』
などですね。

ハッキリ言うと、文章を読むうえで小賢しいテクニックは邪魔なだけであり、時にはマイナスになり得ます。
というかテクニックなど無い、と言っても良いでしょう。

文章を解く時、マーカーを引いてしまうと、ついついそこに目が行きがちになり、大きな視点で文章全体を把握することが出来なくなります。そして自分を狭い視点に置いてしまうのです。
また引用部分をしっかりと読むことで、著者の主張のニュアンスが取れる場合もあります。




文章を読むときは、素直に全文を読み、
全体図を把握しつつも、重要な点を頭の中でまとめていくことが重要です。

真摯に文章と向かい合い、小難しい文章を噛み砕く。
素早く、しかし深く読み取り、内容をまとめていく。

聞いただけでは難しい事のように聞こえますが、
人間の脳はそれに耐えうるだけの情報処理能力を持っています。

出来るだけ多くの文章と触れ合うことによって、
自らの脳に『現代文』という情報を処理する方法を刷り込むことが大切です。



現代文に限らず、どんなことも、
止め処ない反復練習と、多大な時間を注ぎ込むことによって、
強大な一つの力へと成長していきます。

そうやって作られた力は、これからの人生で決して無駄になることはなく、
時として、自らの運命をも変えてゆく力を持ちます。



己の奥底に秘めたる大いなる力を引き出す手助けをするもの。

それこそが学問の力であり、
この世界における学問の存在意義なのだと思います。




今回は『現代文の勉強方法』というテーマから、
『学問の在り方』というものへの自分なりのアプローチが出来たと思います。

チコリリスの方法論を読んで、少しでも多くの人が現代文というものに興味を持って頂けると嬉しいです。


この記事のトラックバックURL

http://amaryllissapphyrus.blog31.fc2.com/tb.php/124-03adb6f0

コメント

チコリリスさんすごぉい!!!!
メッチャ勉強になりました☆
今ちょうど現代文ってどうやって勉強していけばいいんだろうとか
どうやったらテストで点が取れるだろう…って悩んでたんだけど
チコ流現代文解読論法で頑張ってみようと思います♪
自分も見習わなくては・・
「チコ流現代文解読論法」参考にさせていただきます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
>>椎華さん

ん~・・・、正直言ってあんまり信憑性無いですよ(苦笑
自分の経験が素なので(笑
椎華さんは高2でしたっけ?
それなら時間はあると思うので、継続的な読書から始めると良いと思います。
一年間、みっちり読書すれば現代文の成績は上がりますよ☆


>>主砲さん

参考にして頂けて、良かったです☆
でもあんまり間に受けないでくださいねー(苦笑
あくまでもギャグ程度で♪(汗

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。