HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>日記

年上を語る。

英語科の女教師に恋しちゃうこのごろです。

まだ、あの人25歳ですよねー・・・。
なんだかとても好きなんですが。
チコの年上好きスイッチが入ったのね。

あの先生のお陰で、今になって英語の成績がチビチビ伸びてきました。
やっぱり好きな先生の授業だと、その教科が好きになるんですよね。
あの人の授業の時、予習は常に完璧なチコです。
むしろ、授業受けなくて良いくらい予習してる。
予習に2時間注ぎ込んでますから。まじで本気。
ひとつの長文に2時間かけるなんて、ちょっと無駄な努力かもしれない。


あと、あの人は生徒の差別っぷりが良いですね。
あんま仲良くない生徒は苗字で呼ぶのに対し、仲の良い生徒は名前呼び、っていう。
一部生徒からは『差別教師』として認知されています。
彼らのそんな言葉を聞くと、なんとなーく真っ黒な優越感を感じてしまうチコです。
名前呼びは良いもんだよ、やっぱり。
同年代に言われるより、年上に言われたほうが何となしに嬉しいです。
兄や姉がいない分、そういうのが嬉しいのかな。

そして、怒るときはしっかり叱ってくれて、優しいときはしっかり優しい。
そういうメリハリがあるところが好き。
生徒をちゃんと認識してくれてるのが嬉しいです。
よく声かけてくれたり、色んな話をしてくれるのも嬉しい。



あー・・・。
やっぱり年上が好きなチコです。
年上の女性には妙な安心感を感じます。
いいねー、年上。
絶対、チコの年上好きの発端は中学の時の先輩だなー・・・。
あの人のせいで年上好きになってしまったんだ、きっと。
可愛がられたり、甘えさせてもらうと、すぐ年上スイッチが入るチコ。
やってらんねぇ~・・・。



まぁ、でも正直言って、年上とか年下とかはシチュエーションの一種ですから。
あくまで付加価値みたいなもんです。
人間、年関係なく素敵な人は素敵だな、と感じます。
だから、年齢とか全然関係ないよね、というのがチコの信条です。
友達にしても、恋人にしてもね。
世間的には、ちょっとした冷たい好奇の視線を向けられるかもしれませんが。
そういう視線に負けてはダメだと思います。

この記事のトラックバックURL

http://amaryllissapphyrus.blog31.fc2.com/tb.php/299-efe22ab5

コメント

素直でいいですね^^
好きなのは好き!
いいですょね^^
私は年下がいいですが・・・^^;
頼られるのがいいです!
でも、好きになったらわからないですょね!
>>たかさん
そこまで本気なわけではないですが(笑
まぁ冗談の範疇です、ということで。
年上好きなのは本当ですけどね(苦笑

たかさんと反対に、チコは年下に興味ないんですよ。
なぜかなぁ・・・頼られるのが面倒なのかもしれない(苦笑
それに年下相手だと、何を話題にしていいのかが分からないです。
ジェネレーションギャップを感じます(笑

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。