HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>日記

どうするのかな。どうすればいいのかな。

こんなことをここに書くのもどうなのか、とは思いますが。
実は叔母が亡くなりそうでして。
チコの母親の妹さんですから、まぁまだまだお若いわけです。
それにも関わらず、癌にかかってしまって。
・・・確かもう2、3年になるでしょうか、闘病生活。

その叔母が今日になってホスピスに入ったみたいです。
そのことをうちの母親から聞いたときのチコのショックったらありませんよ。
どうしてもホスピスって『死の流刑地』という先入観が・・・。
もうそこ入ったら終わりだよ、みたいな。
終末医療の最後の砦というか・・・。
そういうイメージを払拭できないでいるわけです。


ちなみにうちの母親は医療関係、まぁ平たく言えば看護師とデイケアをやってるのですが、
母親が言うには「もう後2、3ヶ月かも。一日2リットルくらい酸素とってるし。」という感じらしいです。
なんというか看護師は患者の死の時期が分かると言いますし・・・。
チコも「やっぱりそろそろなのかなぁ・・」と感じてしまうわけです。

やっぱりホスピスに入ると、元気も無くなるでしょうね。
というか目の前が真っ暗になるんだと思います。
話を聞いただけのチコでさえ、目の前が暗くなる心持でした。

それと従姉弟のことが心配です。
まだ彼らは高2と中2なので・・・。
上のほうはそれなりに心の準備もあるでしょうが・・・。
ですが・・・チコがあまり干渉すべき問題でもないのかもしれません。
他人の家の問題ですし、それに心までは個人の問題ですから。


こういうとき、自分自身はどういう対応をしていけばいいのか迷います。
努めて明るくすればいいのか、それとも同情すればいいのか・・・。

その時その時の相手の気持ちに合わせて、励ましたり同情したりできれば良いんですけどね。

この記事のトラックバックURL

http://amaryllissapphyrus.blog31.fc2.com/tb.php/321-6422c43e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。